http://www.rqsha.com/

国民の20%に症状があると言われ
今や国民病になりつつある花粉症。

 

花粉によってアレルギー性鼻炎や
アレルギー性結膜炎などが
引き起こされる病気です。

 

花粉症の対策

 

まずは、花粉の侵入をブロックすることが重要で
す。
花粉が目の表面につくと、かゆみや涙
充血などの症状が起こります。

セルフケア方法

*目のケア

眼鏡やゴーグルなどで花粉が
目に入らないようにする。(特にゴーグルタイプは
花粉の侵入が少ないのでお勧めです)
コンタクトレンズはできれば避ける。
コンタクトレンズは、結膜炎を悪化させたり
花粉が付着します。

 

どうしても必要なら使い捨てコンタクトレンズ
の方がいいでしょう。

 

花粉症の対策

 

花粉を洗い流すために顔を洗う
目の対策としては目の周りを
しっかりと洗いましょう。

 

花粉を洗い流すために目を洗いましょう
人工涙液を使って洗うのが効果的です。
ただ、防腐剤入りの人工涙液は
安全性から頻回に使うのは
避けたほうがいいでしょう。

 

花粉症の対策

 

水道水でもいいのですが、安全性から
頻回に使うのは避けたほうがいいでしょう。
カップ式の洗浄液は、顔を洗ってから
使ったほうがいいでしょう。

 

というのも、皮膚についた花粉を
目に入れることになるからです。

 

セルフケアとしては、マスクをする
できれば使い捨てがオススメです。

 

花粉症の対策

 

マスクにも花粉が付いているので
使い捨てだとそのまま花粉ごと
捨てることができます。

 

花粉を洗い流すために顔を洗いましょう
鼻の対策としては鼻の周り
特に鼻の下をしっかりと洗いましょう

 

市販の鼻洗浄液で洗いましょう。
しかし、鼻の粘膜は敏感ですから
洗うのは少し辛いかもしれません

 

 

 

食のケア

様々な食材が花粉症にいい効果をもつ
と言われています。

 

まずはお茶。茶葉には、いろいろな成分が
含まれています。

 

  *タンニン(カテキン類)
  *ビタミンC
  *テアニン(アミノ酸)
  *カフェイン
  *ポリフェノール
など

 

特に共通して含まれているのが
カテキンとビタミンです。

 

特に、カテキンは、アレルギーを
抑える作用があると言われています。

 

花粉症の対策

 

■甜茶(テンチャ)

中国南部を原産地として、バラ科の植物です。
甜とは、「甘い」という意味です。

 

効果ですが、甜茶の成分、肥満細胞からの
GODポリフェノールがヒスタミンの分泌を
抑える作用があるといわれています。

 

ヒスタミンは、花粉症の鼻水、くしゃみ、
アトピーでの痒みの原因物質の1つです。

 

 

■グァバ茶(シジュウム)

熱帯アメリカを原産とし、日本では、
温かい沖縄や九州南部で栽培されています。

 

グァバは日本ではバンザクロやバンジロウと
呼ばれます。

 

葉にはビタミンB群や多量のタンニンなどが
果実には、ビタミンC カルシウム、カリウム
鉄分が豊富に含まれています。
花粉症予防や治療として効果があります。

 

 

■べにふうき緑茶

日本で「べにほまれ」とダージリン系によって作ら

カテキンを多く含んでいます。
肥満細胞のIgEに結合する部分を抑えること
ヒスタミンの放出の抑制によってアレルギーを
抑えると報告されています。

 

花粉症の対策

 

通年性アレルギー性鼻炎の患者にべにふうき緑茶を
6ヶ月以上投与して症状に改善が見られ、血液中の
IgEと好酸球が減少したと報告されています。

 

スギ花粉症でも、べにふうき緑茶を飲んでいる人と
飲んでいない人を比較すると、スギに対する
IgEと血液中の好酸球数はスギの時期に
飲んでいない人では増加しましたが
飲んでいる人は変化しませんでした。

 

もちろん、「茶」の効果は個人差が大きいので
注意してください。

 

お茶の他に注目されているものとして
乳酸菌があります。

 

今まで、乳酸菌は、IgEを抑えたり
アレルギーを抑える「Th1」の働きを
強めていたという報告がありました。

 

さらに、マウス実験において、乳酸菌は
アレルギーを起こす「Th2」の働きを
抑えたという報告がありました。

 

この報告によって、乳酸菌が
「Th1」を増強して、「Th2」を抑制して
IgEを抑えてアレルギーを抑える仕組みが
判明しました。

 

様々な乳酸菌が花粉症に効果があると
言われています。

 

お気に入り

Copyright(c) 2017 花粉症の対策 All Rights Reserved.